1ヶ月が適切? レーザー脱毛のベストな間隔を部位ごとに解説!

レーザー脱毛 間隔

最近ムダ毛が気になって脱毛クリニックに通い始め、スタッフの人に1ヶ月に1度施術に来るように言われたけど、脱毛の頻度ってホントにこれくらいでいいのか不安……。

そんな方のために、今回はレーザー脱毛のベストな間隔について説明していこうと思います!

レーザー脱毛には毛周期が深く関係している

メンズ脱毛 レーザー脱毛

レーザー脱毛は、毛の生え変わる周期に合わせて脱毛をすることで脱毛の効果を最大限引き上げています。
ですので、その間隔に合わせ、1ヶ月から2ヶ月ほど空けてレーザー脱毛を行うのが適切だと言われています。

レーザー脱毛ではメラニンと呼ばれる毛の黒い組織に反応してレーザーで脱毛していくので、毛がしっかり生え変わる前に薄いまま施術を行うと、脱毛効果が薄れてしまいます。
なので、早く脱毛を完了したいと思ってサロンやクリニックに通い詰めても、目立った効果は得られません。まさに急がば回れといった感じで、毛がしっかり生えかわるのを待って施術を行うことが、レーザー脱毛においては重要になります。

そもそも毛周期って何?

毛周期の図解

人間の毛というものは、休止期→成長前期→成長後期→退行期の4段階で生え変わっては抜けていくのを繰り返していきます。
成長期にある毛は、毛細胞が活発でメラニン色素が多く含まれているのでレーザー脱毛のレーザーによく反応します。
対照的に、それ以外の時期にある毛はメラニン色素が薄く、レーザーに上手く反応しません。
つまり、レーザーを照射して効果があるのは成長期にある毛のみということになります

この毛の生え変わる周期は一般的に1ヶ月から2ヶ月だと言われていますが、部位ごとに毛周期が少し異なっているので、体の部位によって脱毛の適切な間隔も変わってきます。

気になるあの部分の毛周期ってどうなってるの?

男性の体毛の毛周期

先ほど部位によって毛の生え変わる周期は異なると書きましたが、ここではそれぞれの部位の毛周期について紹介していこうと思います。

部位 毛周期
ワキ 2ヶ月~3ヶ月
VIO 1ヶ月半~2ヶ月
1ヶ月~2ヶ月
太もも 1ヶ月半~2ヶ月
ひざ下 1ヶ月半~2ヶ月

このように、部位によって毛周期は異なります。これに関して、2つの知識を知っていると脱毛に役立つでしょう。

性毛と無性毛

まず1つが、性毛と無性毛についてです。

性毛とは、ワキやVIOなど、思春期になると生えてくる毛のことで、男性では胸毛や髭もこの性毛にあたると言われています。
この性毛の特徴として挙げられるのが、

  • 硬くて太い毛が密集している
  • 生える向きがバラバラ
  • 毛周期が長い

というポイントですなどです。

これに対し無性毛とは、髪の毛やまつ毛、手足の毛など、もともと体に生えていた毛のことで、性毛に比べ毛周期が短いことが特徴として挙げられます。

体毛とホルモンの関係

そして2つ目が、体毛とホルモンの関係です。
男女にかかわらず、人間は一生の中でホルモンのバランスが変化していき、ストレスや食生活によって乱れる場合があります。
そうなると毛周期の方も乱れてしまうことがあるので、体毛が濃くなってきたとお悩みの方は、イソフラボンやプラセンタなど、女性ホルモンの分泌を促すサプリメントや食品を摂取するのも良いでしょう。

レーザー脱毛のベストな間隔を守らないとどうなる?

レーザー脱毛の適切な間隔

ここまではレーザー脱毛を受けるベストな間隔をお伝えしました。
しかし、なかには「そんなに待てない」や「忙しいからあまり脱毛に行けないかも」という人もいるのでは?
そこで、ベストな脱毛期間よりも間隔を詰め過ぎた場合と、間隔を置き過ぎた場合どうなってしまうのかを調査しました。
結論から言うと「間隔が開きすぎるのはまだいいが、詰め過ぎるのはよくない」です。

間隔が短すぎるとどうなるの?

時間短縮

先ほども述べたように、レーザー脱毛は毛の生え変わる周期に合わせて行います。
毛のメラニン色素に反応して脱毛が行われるので、毛の生え変わる前に連続して脱毛をしても効果はいまひとつ表れません
それだけでなく、期間を空けずに肌にレーザーを照射すると肌を痛めてしまい、炎症ややけど、肌のかゆみやニキビなどの問題が発生してしまいます。

このように脱毛の間隔が短すぎると、

  • 脱毛の効果が得られない
  • 肌を痛めてしまう
  • 時間とお金を無駄にしてしまう

と多くのデメリットが発生してきます。
早く脱毛したいと思ってもぐっとこらえて、毛が生え変わるまで待ちましょう。

間隔が長すぎるとどうなるの?

脱毛の間隔

逆に、レーザー脱毛の間隔をあけすぎるとどのようなデメリットがあるのでしょうか。
結論から言うと、脱毛の間隔をあけすぎても、特に問題はありません
というのも、毛や発毛組織は一度ダメージを受けると回復することが無く、レーザーを照射された発毛組織は確実にその力を弱めていきます。施術を繰り返していくと、次第に毛は細く本数も少なくなっていき、最後には再生ができなくなるので、脱毛の期間を空けすぎたとしても特に何も問題はありません。

ただ注意してほしいのが、初回の施術から2回目は、期間を空けないようにすることです
というのも、初回の施術は肌への負担を和らげるために、弱めの力で脱毛することがほとんどで、1回目から2回目の施術の間が空きすぎると、2回目の施術でも初めて受けたときのように扱うので、初めの施術が無かったことになってしまうからです。初めて施術を受けたら、2回目は少し早めに受けに行くのが良いでしょう。

まとめ

今回は、レーザー脱毛の間隔について紹介していきました。
上でも書いたように、脱毛の間隔を短くしてしまうといろいろな問題が発生してしまい、結局損してしまうことになるので、毛周期のことをしっかり頭に入れて理解したうえで、十分な間隔を空けて脱毛を行うようにしてください。脱毛に、焦りは禁物です。

メンズ脱毛サロン.comは首都圏エリアのメンズ脱毛サロンを比較・検討するためのサイトです。
メンズ脱毛サロンをお探しの際はぜひメンズ脱毛サロン.comをご利用くださいませ。