STAR Radiant〜日焼けの方も、ホクロが多い方も大丈夫な脱毛サロンの秘密〜

2017年秋にオープンした、STAR Radiant。ゆりかもめ芝浦ふ頭駅、JR田町駅からアクセスできるこちらのサロンへ一歩入ると、そこには、オーナーである湖山智子さんが愛する、南国リゾートをイメージした空間が広がります。

今日は湖山さんに、脱毛専門のエステサロンを始めた経緯と、日焼け肌の方もホクロが多い方でも簡単に受けることができる、そんな夢のような脱毛の秘密を教えてもらいました。

顧客満足度の低い脱毛への疑問

営業や自営業など、いくつもの仕事を経験していた湖山さん。そのうちの1つとして取り組んだのが、エステサロン。しかも、最初からサロンの経営から携わるという異例のスタートでした。

「最初にこの業界に入ったのが約9年前。当時は恵比寿にあるサロンで、全く0のところからのスタートでした。専門的な技術や機具の名称を覚えるのも、とても大変でした。

サロン経営をしつつ、エステティシャンとしても働いていましたね。実はその時、一番嫌いだったのが脱毛だったんですよ(笑)」

突然のぶっちゃけトークも笑いながら話す彼女。でもそこには、れっきとした理由がありました。

「脱毛機は、一発照射をするタイプや連射式のものなど、いくつもの種類があります。

当時いたサロンで提供していた脱毛機は一発照射型のIPL方式というものを採用していたんですが、これの場合、全身の脱毛処理を終えるのに1回4時間もかかっていたんです。

その間お客様は服を脱いでいる必要があるし、施術中につけていたジェルを落とす際につめたいおしぼりを使用するので、とても寒い思いをされます。

それを見ているのがいやで。脱毛というのは数多くあるサロンのサービスの中で、唯一通うことそのものに意味をなし、サロンの中で完結するものです。

こんな辛い思いをさせる上、高いお金を払っていただいて、しかも長い時間がかかる。これのどこに、顧客満足があるのかという疑問がありました。」

こうした疑問の中、湖山さんには確信があったと言います。

「ただ、9年前エステサロンを経営していた時から、いずれは時代の流れとともに、脱毛機の技術はもっと発展していくという確信があったんです。」

脱毛へ抱いていた思いと、サロンを始めるきっかけとなった技術の進歩

サーフィン、海が大好きな湖山さん。頻繁に南国へも旅行する彼女は、つねに日焼けしていたと言います。

「脱毛サロンの禁止事項の1つに、日焼けがあります。脱毛機は体毛の黒い色を狙ってフラッシュを照射するのですが、肌が黒い人の場合、素肌に照射してやけどをしちゃうんです。

だから私が脱毛しようと思っても、クリニックやエステサロンでは断られてしまいました。

また、私の知り合いや友人にはホクロの多い子がたくさんいて。ホクロも黒点にあたるので、その周辺に照射することができません。

照射温度は140度〜180度にもなります。

ヒゲ脱毛の場合、男性はその痛みに耐えられないので麻酔を打つ場合があるほどです。私はそうした経験から、脱毛=痛いという固定概念を覆したかったんです。

ご自身の原体験から、脱毛の新たな展開を模索していたと小山さんは言います。その後、彼女は一度エステサロン業界から離れましが、脱毛機はまるで彼女の思惑に沿うように、進化を遂げていきました。

「脱毛機の技術の進歩を感じ始めたのが、約4年前くらいのことで。

私がまたエステサロンを脱毛を始める時には、『これが禁止事項じゃなくなればいいな』という希望をクリアするものが出ることを条件にしていました。

そして、現在使用している脱毛機は日焼けしている方もOKだし、ホクロ・しみがある方も打てますし、男性も痛みをなるべく感じないものでした。」

SHR方式が日焼け肌、ホクロにもいい理由と、様々なメリット

STAR Radiantさんで導入しているSHR方式は、従来式と何が違うのでしょうか?技術的な部分と含めて、湖山さんに説明してもらいました。

「一般的に、脱毛は毛周期(毛の生え変わるサイクル)に合わせて来店しなくちゃいけないものなんです。その周期が2〜3ヶ月で、回数は12回以上と言われています。

つまり、脱毛が完了するのに2年から3年くらいの期間がかかるんです。

この概念を覆したくて、うちの店ではSHR方式を採用した最新の脱毛機を使用しています。これは毛周期を気にせずケアできるので、1ヶ月に1回の頻度で通えます。

回数は従来のものと同じなので、1年ほどで脱毛をすることが可能です。トータルの費用も従来の2/3でできるようになっています。」

これまでよりも短期間で脱毛処理ができるこの方式。また、従来では脱毛ケアができなかった、日焼け肌やホクロにも対応できる理由も聞いてみました。

「SHR方式というのは、これまでの黒点照射とは違い、毛穴にアプローチしています。つまり、白髪も金髪も、そして産毛にも対応できるんです。

男性もそうですが、女性は特に脱毛後の産毛を気にされる方がたくさんいます。

人間の体毛のうち、黒い毛が2割で残りの8割が産毛です。

この方式は、そうした産毛にもアプローチ可能です。従来型はホクロに誤って照射しないよう、全ての場所に白いシールを貼ります。

これはすごい手間ですし、シールを貼った場所も打つことができません。しかし、SHR方式であればこうした問題も解決することができます。」

数多くの禁止事項をクリアする要素があるSHR方式。湖山さんは続いて、なぜこの方式は痛みを伴わないのかも説明してくれました。

「脱毛機は通常、140度〜180度の高音で肌にアプローチします。この『熱い』という感覚を、脳は『痛い』と認識するんです。

そこで、SHR方式は蓄熱という方法によって、それを解決しました。同じ部位を何度か往復する過程で、最初は40度ほどの温度から、最終的に100度以上の熱に達します。

徐々に温度を上げるので、『熱い=痛い』という状態になりにくいんです。

また、照射温度は100度を超えていても、機械そのものは凍結させているので、さらに痛みは抑制されます。

何より、SHR方式はこれまで4時間かかっていた全身脱毛が、1時間で終わるというのも大きいです。男性のヒゲ脱毛なら、10分ほどで終わってしまうほどです。

これまでは脱毛後に顔が真っ赤になってしまったんですが、そういう心配もないので仕事や外出の合間にお越しいただいて、処理をして帰ることができるようになりました。」

日焼けしていても脱毛ができる。湖山さんはご自身の原体験からこの方式にたどり着きました。

「私のように日焼けしている方というのは、つまり外に出て衣服を脱いでいるシーンが多い方です。そのように露出するシーンが多い方ほど、脱毛への思いが強いんだと思います。

このサロンにいらっしゃる男性のお客様には営業マンの方やスポーツをされている方が多いんですが、肌が黒い方もかなりいます。」

日焼けもホクロもOK。これを聞いて驚くのは、男性よりも女性や、クリニックに勤めたことのある方だと言います。

「脱毛の概念に敏感な女性のお客様の方が、SHR方式を話すと驚かれますね。サロンのスタッフに、看護師で美容外科に勤めていた子がいるんですが、彼女が一番ビックリしますね。

私が先日海外に行って、背中が思い切り日焼けした中で帰国後彼女に脱毛をお願いした時、『本当に打っていいんですか!?』と何度も聞いてきたくらいです(笑)

ヒゲ剃りにかかるのは年間60時間!脱毛を通じて、自信と時間を手にしてほしい

2017年10月にオープンしたこのサロン。お客様の構成や実際の声を聞いてみました。

「今、サロンのお客様は男性が7割、女性が3割という状態です。

女性は、全身脱毛をされる方が多いですね。大手や個人店などいろんなお店がある中で、どこがいいかは分からずに一歩を踏み出せない方、以前通っていた店舗があまり良くなくて、他のお店を探していた方とがいます。

その方々の多くが、『脱毛ってこんなにいいものだったんだ』と言ってくださって。それを聞いて、やって良かったと思います。

また、男性のお客様はヒゲ脱毛が中心ですね。うちのサロンは脱毛というよりも、『効率』を謳っています。顔を綺麗にしたいけど、毎日ヒゲを剃るのは忙しいし面倒という方は多いはず。

実はヒゲ剃りというのが生活からなくなると、年間60時間も節約することができるんです。

サトーさんは今30代だから、あと最低30年は仕事するわけじゃないですか。そしたら、合計1800時間も浮くんですよ(笑)

また、見せる仕事をしていたり、自分の体毛にコンプレックスを抱いていたりしている方は、全身脱毛を選択されます。」

あくまで、脱毛をした「先」に得られるものを提供したいという思いがひしひしと伝わります。最後に、湖山さんがサロンを通じて伝えたいことをお聞きしました。

「お客様には、脱毛を通じて『自信』を身につけてほしいと思っています。脱毛ってゴールじゃなくて、あくまで通過点。その先に何かやりたいことが必ずあるはずなんです。

それを叶える1つの選択肢として、脱毛を選んでいただければと思います。

私は『株式会社笑顔処』という会社を運営しています。会社名の通り、笑顔が生まれる場所をたくさん作りたいという思いから立ち上げました。

笑顔が生まれるのは、自分やその周りが幸せであることが大事です。そこで、ご家族がいる方であれば、まずはご家族を大切にしてあげてくださいと伝えます。

ちなみに、脱毛と聞くと、学生や若い方のイメージが強いですが、うちのサロンのお客様は、男性の半数が30代以上のお父さんなんです。そして、女性のお客様の9割が主婦です。

先ほど、ヒゲ剃りで年間60時間を費やしているという話をしました。

この時間を家族に費やすことができます。今は独身で仕事を頑張っていらっしゃるのなら、収入につながる有益な活動に費やすこともできるでしょう。」

編集後記

人生で欠かせないちょっとした隙間時間でも、かき集めれば膨大な時間になります。余った時間を自分の大切なものに使ってほしい。そんな思いで湖山さんは、今日も楽しくお客様と接しているのです。

今まで、日焼け肌やホクロで脱毛に踏み切れなかった方。あるいは、体毛やヒゲを綺麗にして、自信や大事な時間を手にしたい方。そんな方々は、ぜひ一度、STAR Radiantへお問い合わせください!